granchio-グランキオのブログ

町村の住宅街にあるイタリアン グランキオです。 大通りから一本入った場所にある為か、お客様からはよく隠れ家と言われますが、当の本人は全く隠れているつもりはありません(笑)。でも隠れ家なんだと思います。 素材の持ち味を大切にする日本人の心とイタリア料理の融合。 富山に生まれて良かった、富山に来て良かった、そう心から想えるレストランでありたいと思っています。

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

[San Leonardo'08/Tenuta San Leonardo]


サン・レオナルド'08/テヌータ・サン・レオナルド

結論から言うと、メチャ美味ワインでした。

まだ若いですが、サッシカイアとの共通項も感じ取れた、そんな印象です。

抜栓直後から気品のある素晴らしい魅惑的なアロマです。アッサンブラージュの巧、完熟されたブドウで健全さが伺えます。ブーケと言われる熟成感はまだ出てきてはいないようです。

綺麗な果実味と酸があります。

グラスの縁はほんのりとピンクがかって全体的に輝くルビー色です。熟成の色合いは流石にまだ見て取れません。

裏ラベルのアルコール表記は13度。

コルクは良質な5cm

アタックは非常に瑞々しく、柔らかい。粗いタンニンは皆無です。

冷涼な土壌からくるミネラル、口に含んだ時の杉やほんのりと香る燻のタッチ、上質なカベルネのワインです。
時間を置くと顔を出すカベルネフランのニュアンスに近い感じは、カルメネールの影響かと思われますが、まだ若いので品種のティピカルな特徴が出やすいのかな?まあ、カルメネールの特徴を語れる程、カルメネールを飲み倒していないので。このワインの個性といえるものでしょう。

スペシャルワインの名に恥ぬ、今でも素直に美味しい[グレートワイン]でした。本領発揮はまだまだ先でしょうけど。
ありがとうございました。

次回のスペシャルワインは11/6(金)、7(土)を予定しています。

※10/26追記
諸般の事情により次回のスペシャルワインは1週延期で、11/13(金)、14(土)となります。よろしくお願いします。

おっ、13にちの金曜やな〜

来たよ来たよ、北のサッシカイア

10月のスペシャルワイン。


サン・レオナルド'08/テヌータ・サン・レオナルド

北イタリアの銘醸ワイン。

良いワイン=濃いワインとは違いますが、一般的にいわゆるフルボディーと言われるタイプの赤ワインは好まれる傾向にあるかと思います。

ブレンドタイプですが、フランスのボルドーが好きな方にも試してもらいたくなるそんな美味しいワインですよ。

カベルネ・ソーヴィニヨン60%、カルメネール30%、メルロー10%

東京出張の際、見つけて来たというか、試飲会にも提供されなければ、リストにも載っていなかったので、担当の方に聞いてみると、日本に入ってきている数がスゴく少ないそう。「北のサッシカイア」もとい「サン・レオナルド」も、もはや幻ワイン?と思ったけど、タイミング良く、こうやって紹介出来ることに感謝するのと、有難い事に現行ビンテージが2008年ということ。

飲み頃まで待てないよ〜、まだまだ熟成も可能だと思いますが、そんな貴方に

「滅多にない絶好のチャンス到来っ!」

以下、簡単にワイナリーの説明を。

イタリア、トレンティーノ地方の南ヴァラガーリナ地域で300年の歴史を持つ「テヌータ・サン・レオナルド」。当主のアンセルモ・グエリエリ・ゴンザーガ伯爵
の父、カルロ氏はボルドー地方でワイン造りを学び、トスカーナの名譲ワイン『サッシカイア』でも醸造家として活躍した人物で、同じくサッシカイアに携わった醸造家のジャコモ・タキス氏を迎えました。北のサッシカイアと言われる由縁です。現在はカルロ・フェリーニ氏が務めている。


標高のやや低い小石の多い土壌ではメルロ、標高がやや高い砂地土壌ではカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、カルメネーレを栽培。カルメネーレはすべてのワインに使用されている。

以上ワイン王国より一部抜粋。

ワインを飲んだときに、すぐサン・レオナルドのワインと分かる個性、アイデンティティーのあるワインを作りたいのだそう。

カルメネールを使用するのもそういったところなのかな?

ヴェネトやロンバルディアその他の州でも、カルメネールの栽培に力を入れている生産者はいくつかありますので、造り手を魅了するナニか?がカルメネールという品種にはあるのかもしれません。

是非、機会があれば試してみてくださいね。

カベルネ主体ですが、ボルドーとも違う、サッシカイアやオルネッライアもそうですが、イタリアならではの味わいとエレガンスがありますよ。

「北のサン・レオナルド」よろしく。

余分に仕入れたので、残りは熟成用に静かにセラーで眠らせておきます。イヒヒ。

10月のスペシャルワインは10/2(金)、3(土)を予定しています。

モチーフ



コーヒーでお世話になっているセントベリーのトミィさんの次男坊、ヨッタ君に描いてもらった蟹(Granchio=グランキオ)の絵。

コーヒーを買いにお店に足を運んだ時、店内に飾ってある手描きのコーヒーの絵に目が留まり、「なんかいい感じやなー。」と思って、ヨッタ君のお兄さんのヨシキ君と話をしていたら、ひょんな事から描いてもらう事に。

こういったモノは、シンプルなタッチでも、その人柄とか個性が表現されるのが面白いな。

仕上がった絵を早速店内に飾ってみた。

店に来て「あー、コレかー。」て気づいたら、声でもかけてもらえたら嬉しいです。そんなに店内が広くないので、スグ気づくと思いますよ。

実は、他にもお願いしている絵があって(図々しいのー)、こちらも完成次第、店のどこかに飾るつもり。

楽しみ楽しみ。
URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 俺の
  • 俺の
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line