granchio-グランキオのブログ

町村の住宅街にあるイタリアン グランキオです。 大通りから一本入った場所にある為か、お客様からはよく隠れ家と言われますが、当の本人は全く隠れているつもりはありません(笑)。でも隠れ家なんだと思います。 素材の持ち味を大切にする日本人の心とイタリア料理の融合。 富山に生まれて良かった、富山に来て良かった、そう心から想えるレストランでありたいと思っています。

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

休日

休日に家族で、我が師のお店へお邪魔してきました。

牛ロース肉タリアータ

ジャガイモのニョッキ

手打ちパスタのラグー

食後パティオにて

たまに顔を出すとなると、もっぱら家族でという感じですが(20年前の自分からは想像もつきませんがね)、いつも温かく迎えてくれます。

懐かしい顔と偶然ばったりと会うなんてこともしばしばありますが、これも縁でしょうか。

老若男女に長く「愛される店」。

そんな店を自分は目指しています。

[Pranzo]


魚津産真鯛のパートブリック包み、
トウモロコシのプレアとバジルソース。

ご予約の
シェフおまかせコース。メイン料理。


どうもありがとうございます。


[SPワイン]

こんなに綺麗な色したワインも久しぶり〜。
飲む前から魅了されてしまいますね!

[Campe Barolo'04/La Spinetta]

以前、スピネッタのオーナー、ジョルジュ・リヴェッティさんとお話する機会があった事に触れましたが、その時の事から。

物凄く情熱的な方で、ワインの話が始まると通訳の方が追いつくのが精一杯といった感じで次から次とブドウ栽培、醸造など「アツい」話がヒートアップします。話が早い早い。

伝統を重んじている事、その土地にあったブドウ品種に対するリスペクトや、そうそう、イタリア料理は日本は美味しいとも言っておられましたよ。もちろんイタリアの次にというか、もう遜色のないくらい素晴らしいとおっしゃっていたかと思います。

モダンバローロを代表するなんて呼ばれたりして、新樽バリックを使用しますが、大樽熟成されるいわゆる古典バローロを否定する訳ではないそうです。

要は、それが清潔な状態にあるかどうか。大樽であろうがそれがいかにクリーンな状態でワイン造りに活かされているかだと。

スピネッタのワイナリーはとても近代的で衛生的。所狭しと並べられた新樽バリック、ロータリーファーメンターなど。

意外に思うかもしれませんが、スピネッタは元々モスカート・ダスティ(甘口の微発泡ワイン)で一躍有名になったワイナリーでもあります。

それが、今となっては世界的にも評価が高く、バルバレスコ、バローロの造り手で最も重要なワイナリーとなったのが、やはりこの飽くなきまでのワインの品質における妥協なき「ストイック」さや「頑固一徹」曲げない信念だったりするのかもしれません。

オラやってたるで〜!て感じでしょうか。

一緒に食事をさせてもらった時には、同じく、バルバレスコやバローロなど世界的に評価が高い、アンジェロ・ガヤ(GAJA)の話も交えて興味深い内容を話していただきましたよ。

ワイン造りにおいては、家族とも衝突することも多々あるらしく、息子さんの提案した新たなワインについても、最初は「断固反対」していたそうです。
息子さんの情熱に押され、ジョルジュさんが諦めたのか折れたのか、後日リリースされる事になったそうです。

そのワインはパッシート・オーロ(極甘口のデザートワイン)というのですが、こちらも大変美味しい甘美でトロトロなとろけるワイン。機会があれば試してください。

テイスティングです。

というかコルクです。

5.5cm。流石に長いです。そして良質。

色からは熟成を感じさせる、縁のほうはレンガ色。

ワイングラスはリーデルのヴィノム ピノノワール。注いだ香りはまるで球体のよう。周囲がエレガントに香ります。
粘性も高くアルコール度は14.5%。

紅茶や、ミネラル、血のような鉄分、腐葉土、オレンジの皮や熟したベリーなど複雑。

味わいは、約11年経過しており今飲んでも十分に美味しいですが、タンニンが丸くなる一歩手前、まだまだ時間が必要なようで、思いのほかパワフルな印象。

ほんのり小豆なニュアンスもあり、完熟した果実による甘みが「じわ〜」と長い余韻と共に感じられます。

といいながらも、そんなにまじまじとテイスティングできた訳でもないのですが。

今回も素晴らしいスペシャルワインでしたよ。。ありがとうございました。

次回の「月イチ恒例スペシャルワインの日」は、7/3(金)、4(土)を予定しています。お楽しみに〜。
URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 絶賛受付中
  • 絶賛受付中
  • 色々
  • 色々
  • 色々
  • 色々
  • 色々
  • 色々
  • 色々
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line