granchio-グランキオのブログ

町村の住宅街にあるイタリアン グランキオです。 大通りから一本入った場所にある為か、お客様からはよく隠れ家と言われますが、当の本人は全く隠れているつもりはありません(笑)。でも隠れ家なんだと思います。 素材の持ち味を大切にする日本人の心とイタリア料理の融合。 富山に生まれて良かった、富山に来て良かった、そう心から想えるレストランでありたいと思っています。

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

新入りさん

ワインが新しく仲間入り。

どれもお手頃で、美味しいイタリアワイン達ばかり。是非お試しくださいね。

以前から思っていることなんですけど、ワインてやっぱりどこか難しい、なんかようわからん、そんなお酒かもしれない。でも、ただ単純に仲間と楽しくワインを飲みたい、店のマスターに勧められて飲んだワインが美味しかったり、そんなシチュエーションなんかあったりするわけです。

忘れてはいけないのが、ワインだけで愉しむより、やっぱり食中酒として食事と一緒に合わせてみる。料理と合わせるなんて一見難しそうに思うかもしれないけど、そんなでもないんですよ。

手っ取り早くていうなら、まずはパンやチーズ、オリーブなんかをツマミでとか最高のアテになりますよ。

個人的に最初の段階は「わかり易さ」が一番大事なのかなと思っているのですが、それは味も去ることながら、見た目のラベルもあるのかな。

以前ブームにもなって、今ではすっかり定着?した感じなのでしょうか。

自然派ワイン、オーガニック、ビオ、ヴァンナチュールなどなど。

造り手によっては自然派であることを大きく宣伝したり、いやいや自然なことは当たり前だろ?と言って大きく「ソレ」をアピールしない生産者もいます。

大量消費用のワインなどもありますが、それはそれでちゃんと役割があって、必要な物だと思います。(あまり飲みませんがね。)TPOてヤツでしょうか。

ラベルが派手な物などもあって、とっつきも良いと思いますし、体に良いとかだとなおさら、良いことづくめです。(語弊あり)

で、自分でも新しくワインを仕入れるのに「インパクトのあるラベルのワインなんかないかなー」なんて、思ってたりもしたんですが、今回の新しく仲間入りしたパッと見、派手でもなんでもない本当「フツウ」のラベルのワインを試飲してみて、そんな迷いは吹っ飛びました。

こんなに美味しいワインがあるじゃないか!やっぱラベルじゃないわ!要は飲み手への伝えかた、情熱が足りないだけなんじゃないかな?って。

店が一応郊外にある為か、お酒なんて出んやろ?なんて知り合いに言われる事もありますが、店をOPENする時も今でもそうなんですが、

「この場所でワインが出ないなんて思ったことは1度もありません(正確には以前の自分だったら、少しはそう思ったかもしれません。富山でいうところの繁華街で働いていた事もあるので)。」

何より自分自身ワインが好きなので。

とりとめのない話になりましたが、新入荷のワイン達、今後ともよろしくお願いしますね。

それと、6/5(金)、6(土)はスペシャルワインの日となります。

ワインはカンペ・バローロ04'/ラ・スピネッタ となります。

こちらも興味があれば是非、お待ちしてますね。

[Campe Baloro'04/La Spinetta]


カンペ バローロ'04/ラ・スピネッタ

6月のスペシャルワイン。

イタリア ピエモンテ州の世界に名だたる銘醸ワイン「バローロ」です。

ブドウ品種は黒葡萄「ネッビオーロ」。
「霧=Nebbia」が出る地域で造られるのが由来とも言われたり、「ネイヴェ村」からとも。晩熟で収穫時期にランゲ丘陵は霧に覆われ、この霧に耐えられる厚い果皮のブドウで、そのため、ワインはタンニンの強いものになり、柔らかくなるには何年もかかります。

強靭なタンニンの為、リゼルヴァともなると最低熟成期間が5年以上と長く、飲み頃になるまでは長い歳月を必要とされます。

威厳と風格が漂うそんなワインですが、ラベルには百獣の王「ライオン」が描かれています。

今回は貴重なバックヴィンテージで、且つピエモンテの良年と言われる2004。

まだまだ先のあるワインだと思いますし、まだ飲み頃かどうかも計り知れませんが、興味のある方は、是非試してみてくださいね。

同じく、現在当店で取扱いのあるピエモンテ産チーズ「カステルマーニョ」を使った料理と合わせてみるのも面白いかもしれませんね。

余談ですけれど、ラ・スピネッタ社のオーナー ジョルジュ・リヴェッティさんとは以前、ココ富山でワインの試飲会後、一緒に食事したことがあります。

ワイン造りのこだわりなど、色々なお話しを聴ける素晴らしい時間でしたよ。

6月のSPワインの日は6/5(金)、6(土)を予定しています。

[となわ]

そろそろ旬のトウモロコシ。

蒸しあがったトウモロコシのアッツ熱の皮をムキムキに!

ゴールデンイエローな色して、一粒一粒がキラキラと輝いています。

自分も無類のトウモロコシ好きで、シャッキシャキな歯応えと口中に広がるなんとも言えない甘みとが、もうタマりません。

人気の前菜に、フリットや冷製スープにしたりと大活躍間違いございませんよ〜。良かったら是非!

URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 入荷
  • 入荷
  • Sugo di Carne
  • Sugo di Carne
  • Sugo di Carne
  • Sugo di Carne
  • Sugo di Carne
  • 2月
  • 2月
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line