granchio-グランキオのブログ

町村の住宅街にあるイタリアン グランキオです。 大通りから一本入った場所にある為か、お客様からはよく隠れ家と言われますが、当の本人は全く隠れているつもりはありません(笑)。でも隠れ家なんだと思います。 素材の持ち味を大切にする日本人の心とイタリア料理の融合。 富山に生まれて良かった、富山に来て良かった、そう心から想えるレストランでありたいと思っています。

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

研修 3

突然ですが、ココから先は有料(優良)会員様限定の記事となります。(冗談です。笑)

研修シリーズの最後は(ちなみに大トリは全てです。しつこく2回言いました。)、我らが母国イタリアより生産者が来日との事で、会場はザ・銀座です!

IMG_5528
こちらのお店で

輸入元はワインウエイヴ。

こちらのインポーターはイタリアワインに特化しており、以前から面識もあることと御縁がありタイミングもよくこの試飲会に参加出来た。

実のところ、研修の目的は早い話が連れ(マダム)が「自分がリフレッシュ出来ていない状態では、到底お客様に良い接客など出来ようハズがない(マダム談。彼女は池袋PARCOにて開催されている中村佑介の展覧会に行っています)。」なので、本当は違う日に予定というか、少なくとも既に新幹線の切符は予約していたんです。この日じゃない別の日に。

そうすると、オレは他にやることがないので、いっそのことオレは行かなくてもいいんじゃないの?な感じでもあったんです。早い話ランチだけ食べてオレは暇、そんな感じです。

月曜に最初は予定していたのだが、調べてみると結構お店の休みと重なるので、レストランの予約も色々と難しくて。

すったもんだがありまして、アレコレと調べていたら丁度この生産者来日試飲会と重なる日程が組めたので、切符の変更も手数料などかからずに難なくクリア。結果良かった。

前置きが長くなりましたが、肝心のワイン。

今回はイタリア 最北の地アルト・アディジェ州よりフランツ・ハースのエキスポートMGRアンディ・プンテル氏が各地でプロモーションの為来日されております。

会場に到着するなりに早々に受付を済ませ、なんやかんや準備をしているとすぐさま、営業担当の方が近づいて来てくれる。

どうやら西川社長から連絡があったらしく、オレを手厚く(笑。感謝)おもてなししてくれとの事のようだ。

当方日帰り出張な為、帰りの新幹線の影響もあり、あまりゆっくりも出来ない事を告げると、早速アンディさんの元へ案内してくれる。

挨拶をして、一緒に記念撮影。ハイっ!チーズ!

写真は後ほどメールで送ってくれるという、がまだ届いていないゾっ!爆

さて、ようやく本題

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5533
IMG_5534
FullSizeRender
試飲ワインの中には、普段のラインナップにはないインデント(生産されているが日本には輸入されていないワイン)扱いの物も出ていて、とても興味深い内容です。最後の画像だけ別の生産者でチニャーレ'10

定番となるソフィーのミュラー・トゥルガウ'16、スキアーヴァ'16、ゲヴルツ・トラミネール'16、ピノ・ノワール'15。

シュヴァイツァーラベルの上級ラインは、ピノ・ビアンコのレプス'16 、白のマンナ'16、ピノ・ワール'15。デザートワインの赤モスカート・ローザ'15。

日本未輸入で初見のピノ・グリージョ'16、モスカートジャッロ"16(コレは前にヴィンテージ違いを扱ったことがあります。)、シュヴァイツァーラベルのソーヴィニヨン・ブラン'16、プティ・マンサン'16、メルロー100%の赤'15、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー主体のイスタンテ'15となかなかのアイテム数。

ステンレス仕立てのワインは品種と土地との特性が綺麗に表現されており、しっかりと樽熟成を施された白ワインは、流石にフルボディータイプで、果実味とミネラルが豊富なのと重心の低さは熟成のポテンシャルを感じさせます。

品種の多さはその類い稀な土壌やその土地における微気候、そういった意味でフランスのアルザスの特異なソレと共通するように個人的には感じられます。味わいは異なりますが。

当主のフランツさんが最も心血を注いでいるという品種ピノ・ノワールに関して言えば、上級キュヴェのシュヴァイツァーは国内在庫が切れていて、イタリアから来日に合わせて送ってもらったそうだ。(知らなかったのだが、ピノのスプマンテとロゼワインも造っているみたい。本当種類が多くて困るな。)

ココだけの話、ピノ・ノワールは更に上のワイン(この表現で合っているのかな?)を造っているということは、西川さんからも聞いていたし、世界中と繋がっているインスタグラムでもその存在は認識していました。

FullSizeRender
その名は「PONKLER」(ポンクラー?ポンクレール?すみません、綴りしか解りませんっ!そしてどさくさに紛れて何処かから画像拝借してきました。世界の誰か堪忍してっ!)

せっかくなので、この機会に聞いてみた。

ふむふむ、なるほど。

現時点で日本未入荷。

入荷の予定も今のところなく、あったとしても来年以降。

ここ数年、温暖化の影響からピノ・ノワールを新しく植える畑の標高を高くしている。シュヴァイツァーは元々ある畑とソレらのセレクションであったが、その上級ワインであるPONKLERは標高850m付近の単一畑になるそうで、樹齢は10年程らしい。

ちなみにフランツ・ハースが採用しているピノ・ノワールのクローンはディジョン・クローンということだ(細かな番号までは聞いていない)。

本家のブルゴーニュ、カリフォルニア、オレゴン等意識しているのかは解りませんが、仮に入荷したとしてもかなり高価になるそうだ。

一度飲んでみたいものである。

ちなみにっ!

今後リリースされるワインに関しては、全てスクリューキャップに変更されるようです。

コルクの劣化によるブショネの影響でワインにダメージを与えることもないし、近年スクリューキャップの品質も良くなっている為だ。

今となっては珍しくもないスクリューワイン。

スクリューワインがなにも安価なワインというイメージは、個人的には無い。

もしある人はそんな偏見はさっさと捨ててしまいましょう。

この世界の流れに皆さんも付いて来られるかな?いや、是非付いて来て頂きたい。一緒に突っ走りましょう。

グランキオではこれからも、めっちゃパキパキっ、と捻って開けるスクリューキャップ仕様のプレミアムワインをバンバン開けて行きますよ(もちろんコルクのワインも開けますが、ガラス栓でも構いません。美味しければ)。

ほんとココだけの話でお願いしますねっ!

文章長くなりそうなので肝心のワインの試飲内容はこの辺にさせていただきます。

どれもこれも美味しゅうございましたよ〜。

以上。

























研修 2

さて、研修シリーズ。

オレにとっては今回の全てが大トリと言っても過言ではない、そんな勢いです。(あと、もう1つあります)

ランチを終えてからワイングラスを見に、湯島にある木村硝子に行ってきました。

IMG_5544
やっと来れました。

木村硝子のアイテム全てではありませんが、手に持っているだけでも今にも割れそうな薄くて繊細なフォルムが特徴の職人による手拭きグラスは、なかなか実際に手に取って見る機会が少なく、現地に伺って実物に触れて見たいな、と常々思っておりました。

併設されている直営店ですが、綺麗なスタッフさんにお話を伺っていると、せっかくなのでとご丁寧にショールームも見せて頂けることに。

IMG_5527
IMG_5526
素晴らしい!

普段は開いてないそうで、(直営店は木、金、土のみ営業)前もって電話もしていないにも関わらず親切に対応していただき感謝です。

アイテムが凄く多くて、いわばガラス食器のセレクトショップのような感じだと言えば解りやすいのかな。

物によってスロヴァキアで作られたものと、中にはハンガリーのもの、あと国内でも少し。
自社の工場は持たないそうなので委託で生産してもらっているそうです。

マイスターによるハンドメイドグラスは、当然ながらひとつひとつが手造りの為、設計図での寸法とは少し誤差が生じる。

それにしてもこの流線型な曲線美はどうでしょう。この唯一無二感。完全に見惚れてしまう美しさ。そしてワインもとても美味しくなるときたら正に言うこと無し。手拭きグラスながらそのハイコストパフォーマンスには目を見張る物がありますね。

スタッフが増えたとおっしゃっておられましたが、それでも20名ぐらいの規模ですとのことで、お忙しいなか貴重な経験をさせて頂きありがとうございます。

































研修 1

イタリアからワイン生産者が来日するということで、お休みを頂き研修に行ってきました。

IMG_5503
西麻布のル・ブルギニオン

FullSizeRender
菊地シェフと

富山には一度いらっしゃった事があるようです。

シェフのお人柄が出ているお料理の数々でした。大変勉強になりました!

ピノ・ノワールとシャルドネがお好きらしく、連れ(マダム)は私と同じだ!とはしゃいでおりました。爆

IMG_5513
IMG_5517
IMG_5519
シャンパーニュとブルゴーニュをグラスで少々頂きました。

連れ(マダム)は冷前菜に人気のスペシャリテ、生ウニと人参のムース コンソメのジュレ(画像無し)と和牛ほほ肉のマディラ酒煮込みが大変美味しかったと言うて感動しておりました。

アミューズのチーズのグジェールの中には豚肉のリエット。こちらも定番のようですがしっかりとした味付けで一口でペロリといってしまいました。

アントレ 温前菜
マリネしたサクラマスのリゾット(画像無し)

鮎の時期にはまだ早いようで、他のメニューには稚鮎がありましたね。

本格的に鮎シーズンに再訪したいな。

十穀米の食感がしっかりとして、青海苔の風味がどこか和のテイストを感じさせてくれます。

魚料理
ヒラメのポアレ チキンスープ 小松菜 キノコ EXバージンオイル

優しい味わいです。美味しいっ!

メイン肉料理 豚肉のフロマージュ・ド・テート 脳みそ ケーパー (写真中央)

臓物料理は特にシェフのスペシャリテなようです。(仔羊のパイ包みと悩みました)

豚頭肉の辺りでしょうか。煮凝りのゼラチン質がプルルんお肌に良さそうです。

特にセルヴェルは久しぶり。

デセールはオープンから18年作り続けているという赤ピーマンのプリンをチョイス。

濃厚で滑らかなテクスチャーに、後口にはほんのりと(かつしっかりと)赤ピーマンの主張が。

野菜ではありますが、さすが長年愛されているデザート。老舗フレンチレストランならではの風格を感じます。

連れ(マダム)はサツマイモのモンブラン お米のババロアとサクサクのメレンゲ。

美味しい美味しいと大満足の様子。感動のあまり自らシェフにその旨伝えておりました。

お帰りになる全てのお客様に、シェフ自身が外に出てお見送りをしておられました。

料理の構成、味わいの緩急のつけ方や、味付けの基本、繊細さと大胆さ、丁寧な仕事といい考え尽くされているなあと、物凄く勉強になりました。

店の雰囲気も素敵で、久しぶりにレストランでの楽しい食事を満喫させて頂きました。

菊地シェフ、サービスのギャルソン、ソムリエの方や、キッチンスタッフの方々、ご馳走さまでした。



















URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 皐月
  • ルミリアシオン 
  • ルミリアシオン 
  • ルミリアシオン 
  • ルミリアシオン 
  • テーマは日本
  • テーマは日本
  • テーマは日本
  • テーマは日本
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line