granchio-グランキオのブログ

富山の住宅街にあるイタリアンレストラン グランキオです。 当店にはスペシャルが3つあります。 ひとつはシェフ特製イタリア料理。 もうひとつは厳選されたイタリアワインとマダムのスペシャルティコーヒー。 そして、もうひとつは素敵なお客様たち。 仲間と一緒にスペシャルな時間をボナペティート!

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

2015年07月

[お知らせ]

海の日の3連休の営業案内です。


7/18(土)営業
7/19()ランチはディナー準備の為休業。ディナーは貸切となっております。
7/20()営業
7/21(火)休業
7/22(水)休業

通常だと、日曜と第1.第3月曜は定休日ですが、よろしくお願いします。

皆様のお越しお待ちしてますね。

シロガネーゼ

白銀コンフォルターブルにて。

蓮根餅と芝海老だったか、しま海老だったか忘れたソレとデラウェアと。

平目とワラビのお醤油と。

赤イカとうーにーと。

ふぐの白子とポン酢ズキュキュンと。

地の鮎塩焼きと茄子だったか鮎の下に鎮座してるソレと。

のどぐろのポアレとトウモロコシのピューレと餡ちゃんと。

タシーロと。

肉と。
勝手にフルーツトマト牛カプレーゼと命名。

ツルシコの麺と。
スダチ香る冷製と情熱の間で。

少年のような心を持った、目指すはちょっと面倒くさい頑固親父なシェフと。

美味しゅうございました。

長いこと預けてあるワイン飲まんといてな!

[Special Wine]


[Paleo Rosso'11 / Le Macchiole]
パレオ・ロッソ'11 / レ・マッキオーレ

深い赤とエッジにはピンクを帯びたカラーで、キラキラと輝きを放っています。

抜栓したての香りは、なんとも素晴らしく、もう開けた途端に香りが辺り一面に咲きほこるように広がりましたよ。

繊細でミルキィーな感じと百合の花の清楚な香り、杉のニュアンス、胡椒のようなスパイス、ダークチョコレート、ローストしたコーヒー豆、熟したフルーツなど、ミネラルとアルコール感が相まって、まだ若いながら高次元でまとまりをみせています。

アルコールは14.5度。

カベルネ・フラン特有の青み(いわゆるピーマン香)は、色々な要素が絡み合い、今の段階ではあまり感じることはできません。
単一品種だからと言って決して単調ではなく、複雑でしっかりとフルボディー!ながら余韻がとても瑞々しく綺麗です。

畑の手入れを怠らず、完熟した最高のブドウだからこそ、こんなにも美味しいカベルネ・フラン100%のワインが出来るのですね。

唯一無二の味わいがありますよ。

パレオとは、雑草のこと

初リリースは1989年。

今は亡きオーナー、エウジェニオさんがボルゲリの地で、必ず美味しいワインが出来るハズだと信じて生まれたのが、ワイナリーの「レ・マッキオーレ」であり、この「パレオ・ロッソ」。
有名になる前は、自ら近くのエノテカ(ワイン屋さん)にこのパレオ・ロッソを、持ってまわったそうです。

元々はカベルネ・ソーヴィニヨン主体の混醸ワインだったのを、長年の研究からその土地のテロワールを最も表現出来る葡萄品種がカベルネ・ソーヴィニヨンでもなく、またサンジョヴェーゼでもなく、この「カベルネ・フラン」だったのだそうです。しかも単一品種「カベルネ・フラン100%」。

「それが解ったからには、一切の妥協をしたくない。」

2001ヴィンテージからカベルネ・フラン100%の「新生パレオ・ロッソ」に生まれ変わったのですが、このワインの完成を見ることなくエウジェニオさんはこの世を去ります。

妻のチンツィアさんとその家族がその意思を引き継ぎ、今ではワインの評価もとても高く、同じく単一品種のメルロー100%「メッソーリオ」(メッソーリオ'04は米国のワインスペクテーター誌で見事100点を獲得。)や、シラー100%の「スクーリオ」など筆頭にイタリアで最も愛されるワイナリーとなっています。

「肥沃な土壌から生まれるエネルギーに満ち溢れたワイン。」

カベルネ・フラン100%になる前の年のパレオ・ロッソ(カベルネ・ソーヴィニヨンとフランとのブレンド)を持っていますが、エウジェニオさんが手塩にかけて育てた魂のワインとでも言うのでしょうか、そう簡単には開けらるものではありませんが、何かのタイミングがあれば、それまで大事にしたいと思います。

エウジェニオさんが1番初めに自分の畑に植えたブドウ、「カベルネ・フラン」。

飲んで頂いた方、どうもありがとうございます。

次回のスペシャルワインの日は、8/7(金)、8(土)を予定しています。

寿司

寿司屋のカウンターで


キュウリをツマむ

ぜ!!

コチラはいくらに挑戦中。

家族の風景

先日、グランキオにご来店されたご家族の様子を撮影させて頂きましたよ。

リクエストに快く承諾してくださり感謝感謝です。


楽しく食事する時間、素晴らしいですね。
こちらも、料理を作っていながら嬉しくなっちゃいます。

お子様は、特にデザートが「美味しかったぁ〜」と言ってくれましたよ。

どうもありがとうございます。
URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
  • 日常におけるスペシャル感
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line