granchio-グランキオのブログ

町村の住宅街にあるイタリアン グランキオです。 大通りから一本入った場所にある為か、お客様からはよく隠れ家と言われますが、当の本人は全く隠れているつもりはありません(笑)。でも隠れ家なんだと思います。 素材の持ち味を大切にする日本人の心とイタリア料理の融合。 富山に生まれて良かった、富山に来て良かった、そう心から想えるレストランでありたいと思っています。

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

2015年12月

5s→6s


しなー、と機種変しております。

さすがにサクサク、早いですねー!

4s→5s→6sと来て思うことは、

まんまとAppleの戦略にどハマりしていることと、日本人にはやっぱり前のサイズの方が使いやすいかな。

スマホといえど機種代が軽〜く10万突破ですから、年末ジャンボ10億円を夢見るしかなさそうです。

年末ジャンボまだ購入していませんが。

フランじゃないよカルメネールだよ

カルメネーロ'07/カ・デル・ボスコ

なかなか重量感のあるヘビーボトルです。

コルクは久しぶりに見ました、5.5cmのロング仕様。

ガヤやペルカルロと同じくらいでしょうかね。新調したソムリエナイフのおかげか、折れずに抜栓完了。

ラベル表記のアルコール度は13.5%

グラスの縁はピンクパープルとでもいいましょうか、コルクの刻印から2007ビンテージらしいので、いまから8年前ですから若いということでもなく、まだ熟成に入っているという訳でもなさそうです。

中心は非常に濃い色合い。

香りは非常にまろやかなタッチ、スパイス香、緻密なタンニン。インクや樹木のような森を感じますが徐々に獣、この段階ではそれほど青味は感じません。

単一品種のピュアさが良いですね。
時間を置くごとに際立ちます。

カベルネ・フラン単一だと、真っ先に思い浮かぶのが以前スペシャルワインでも登場したパレオ・ロッソ。

変わってこちらはカベルネ・フランではないのですが、カルメネールを感じられるものかと思います。

やはり似ているのかなあというのが正直な感想。

こだわりのカルメネール、美味しゅうございました。

飲んで頂いた方ありがとうございます。
URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 2/23
  • 2/23
  • 看板
  • ピアン・デル・チャンポーロ
  • ピアン・デル・チャンポーロ
  • ピアン・デル・チャンポーロ
  • ピアン・デル・チャンポーロ
  • ディープ インパクト
  • 今月は
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line