granchio-グランキオのブログ

富山の住宅街にあるイタリアンレストラン グランキオです。 当店にはスペシャルが3つあります。 ひとつはシェフ特製イタリア料理。 もうひとつは厳選されたイタリアワインとマダムのスペシャルティコーヒー。 そして、もうひとつは素敵なお客様たち。 仲間と一緒にスペシャルな時間をボナペティート!

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

2016年09月


魚津産昆布〆カルパッチョ

イートワイントヤマ2016の出品メニューのひとつ。

イートワインというイベントの名前からも、お料理に合わせてワインを頂くというのも楽しみのひとつ

オレもワインが好きなので、この昆布を使ったメニューを、ワインの専門家いわばプロフェッショナルが、どんなワインとあいますよ〜、と提案してくれるのかが楽しみで仕方がありません。

もう一度言います。

出店する、オレも楽しみにしているぜっ!

富山といえば、そんな身近な「昆布」

歳を重ねれば重ねるほどに、この素晴らしさ、美味しさに気付かされている今日この頃。富山にお住まい(又は県外)の皆さんはどうでしょうか。


イベント当日、16時〜限定販売予定の「昆布〆カルパッチョDX(限定5皿)」も、是非お楽しみに。

ようやく

出揃ってきた感じ

台風やら、なんやらで、漁業にも大なり小なり悪影響が及んでおりますが、例えば、定置網の網が壊れてなかなか、魚関係の商いしていると(当方イタリア料理店ですが)モヤモヤが続いているこの頃の秋。どーなってるの!!

新しく18号やら(ドラゴンボールじゃなくて台風です)上陸するとかしないとか、本当勘弁ですわ。

そんなこんなで、

こんぐらいのサイズがドカーンと来たら文句ナシ。

早よ来んかのー。お願いしますお願します。

アオリイカの話をしています


こんなんとか美味いわぁ〜(↑は赤イカです)

「セモリナ粉ニョッキのオーブン焼」

コレは、ジャガイモやカボチャなど野菜が入らないタイプのニョッキ。

通常のニョッキとは似て非なるモノ

最古のパスタとも称される
ローマ伝統のニョッキ

「ニョッキ・アッラ・ロマーナ」

セモリナ粉100%を牛乳で炊く、しっかりと木ベラで練りこんで20〜30分(←ココ重要!)、ダマにならないよう必死に絶えずかき混ぜながら煮込み、冷やし固めた後にセルクルで抜いてから、オーブンで焼き上げたモノ。

コレで通常の3倍量の仕込み。コレをあと4クール(ないし5クール)やりますよ!

※イートワイントヤマ2016が真夏の開催じゃなくてよかった!汗


そもそも俺がコイツと出会ったのは、

富山イタリアンの老舗いわば草分け的存在の
トラットリア  モグモグ(ヴィラクラタの倉田マスター&ママが営んでいた最初のお店)に勤めていた頃。

その当時、イタリア料理の本を読みあさっていたら、このニョッキを知りました。どうしても食べてみたい!よし賄いで作ってしまおう!そんな勢いで……

な、なんなんだ!コレはっ!
メッチャクチャ美味いゾっ!

この滑らかな舌触り。
お口の中でとろけるぅわ〜

感動しました。涙が出るほどに…(自分で作っておいて…ですがね。爆)

そう、そうです、そうなんです!

オレがコイツを修得したのは、何を隠そう現地イタリアではなく、な、なんとっ!小島町の厨房での賄いっ!なんです!

この厨房に、見習いとしてお世話になったのが今から、かれこれ20年も前の話。

思い返せば月日が経つのも早いモノ、あっという間です。

色々なモノにトライさせてもらったなぁと、しみじみと感謝している自分がいます。

イートワインの出品メニューを考えていると、ウチのマダムとしばしば口論になることがありました。

このニョッキがそう。

なんでこんなわかりにくい(早い話が売れにくそうな)メニューなんか出すんかね?信じられんわ!とか。笑

おいおい、待ってくれよ!そんな言い方あるかよっ!

ニョッキが好きな人なら、コレ食べたら絶対たまげるぜっ!

食べてみんにゃ、わからんそんなメニューは無し無し!はいダメーっ!て、そんな発想じゃ、イカンからさっ!

そんなこと言いながら家のテレビ見ていたら、NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀が入っていて、なるほどとか思いながら、そうそう、作る側と食べる側のギャップというか、食べてみたらわかるハズ(作り手)、どんな味なのかイメージがわからんから、頼むのはちょっと…(食べ手)、とか、まあ言いたい事はわかるかな。

売れるメニュー名もあるでしょう。

実際イートワインに出品予定のこのメニューの名前も、最初に申請した時は「焼きニョッキ」でした。
コレはこれで伝わり易いかな?と思ってのことでしたが(コレでも色々考えているつもりだ。笑)、
しかし、折角手間暇かけて仕込んだこのニョッキを、オリジナルの元のメニュー名にすることに、最終決定しました。

売れるメニュー

商売人なら当たり前か知らんけど

オレは料理人魂を貫きます。

どこでも食べられないからこそ
面倒な仕込みでも
誰もやらないからこそ、俺がやるんだってば!(オレが知らないだけで、本当はどこかで食べられるのかもしれないが)

などなど。

少し長くなりましたが、

「セモリナ粉ニョッキのオーブン焼」

生産能力については見ての通り全て手作りな為、数に限りがあります

ただ、こんなにも美味しいこだわりのニョッキを、少しでも多くの方々に是非召し上がって頂きたいその想いで、

イートワイントヤマ2016におけるグランキオ出品メニューの中では、価格もかなりお買い求め易い設定のワンコイン¥500となっておりますが、手間を惜しまずに

気合いを入れて仕込みに励んでおります。

こっちはノーマル版

こちらは通常のニョッキの仕込み。

こちらはジャガイモを茹でて、セモリナ粉などと合わせているよ。

当店も出店するイートワイントヤマ2016(10/9日開催)では、ジャガイモを使わない「セモリナ粉ニョッキのオーブン焼」を提供する準備に日々奮闘中です。

最古のパスタである、「ニョッキ・アッラ・ロマーナ」とも呼ばれるんですね。

これが結構、根気のいる仕込み。

セモリナ粉を牛乳で30分くらい煮込む、というか炊くような感じ。

これが中々どうして、腕がプルップル!いうやつ。

ご自身でイタリア料理の「ポレンタ」やスペイン料理「タラのピルピル」など作ったことがある方はわかるかな?

そんなスペシャルな手間をかけたニョッキを是非。

※今回の仕込みは定番のニョッキでした。

9/26


モクズガニのトマトクリームパスタなど

そのダシなど

毛蟹など、フレッシュトマトのパスタやサラダなど

そのダシなど

渡りガニなども

食べていただいたお客様、どうもありがとうございます。

URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
  • 土台となるもの
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line