ピノ・ビアンコ「レプス」'14

ヴィンテージは2014ですが、すっきりシャキッとお願いしますね

※8/22追記しました
試飲しました!思いのほか重心が低く、ボディに厚みがありますね。硬質で図太いミネラル、少し燻したような煙のようなニュアンスと、ピノ・ビアンコの概念を良い意味で裏切られた感じです

すっきりシャキッと、とは間逆のファインワインですね〜。

ゆっくりまったりと飲むのに相応しい、美味しいワインですねっ!

ピノ・ネロ'11


ピノ・ネロ「シュヴァイツァー」'12

ベースのピノはありがたいことに現行より少し前のヴィンテージで

好き過ぎて「シュヴァイツァー」も入荷してしまう有様ですが。爆

ベースのピノ・ネロ(ノワール)は今飲んでも美味しいでしょうが、さすがに「シュヴァイツァー」ともなれば、少し熟成させてから飲んでみたいのが心情でしょうかね

「シュヴァイツァー」が、クリュの畑かどうかは存じませんが、個人的な見解はベースのピノ・ネロの選別で、より良い物(ヴィンテージ)を「シュヴァイツァー」として瓶詰めしているのでは?と考えています(間違ってたらすみません)

近年、ハースのピノ・ネロはベースの物でも比較的標高の高い畑に植えているようなので、ベースの物でも充分に美味しいですが、やはり「好き」に勝るモノはありません

「シュヴァイツァー」のラベル、実はシュヴァイツァーさんが書いているのですが、なんとピカソの弟子だそうです

しかも、ピノ・ビアンコの「レプス」に至っては、以前から通常ラベルでピノ・ビアンコとしてリリースされておりましたが、フランツ・ハース自身納得のいく仕上がりのワインになった為、2013ヴィンテージより「シュヴァイツァー」のラベルでリリースされているようです

気になる方は是非。