さて、研修シリーズ。

オレにとっては今回の全てが大トリと言っても過言ではない、そんな勢いです。(あと、もう1つあります)

ランチを終えてからワイングラスを見に、湯島にある木村硝子に行ってきました。

IMG_5544
やっと来れました。

木村硝子のアイテム全てではありませんが、手に持っているだけでも今にも割れそうな薄くて繊細なフォルムが特徴の職人による手拭きグラスは、なかなか実際に手に取って見る機会が少なく、現地に伺って実物に触れて見たいな、と常々思っておりました。

併設されている直営店ですが、綺麗なスタッフさんにお話を伺っていると、せっかくなのでとご丁寧にショールームも見せて頂けることに。

IMG_5527
IMG_5526
素晴らしい!

普段は開いてないそうで、(直営店は木、金、土のみ営業)前もって電話もしていないにも関わらず親切に対応していただき感謝です。

アイテムが凄く多くて、いわばガラス食器のセレクトショップのような感じだと言えば解りやすいのかな。

物によってスロヴァキアで作られたものと、中にはハンガリーのもの、あと国内でも少し。
自社の工場は持たないそうなので委託で生産してもらっているそうです。

マイスターによるハンドメイドグラスは、当然ながらひとつひとつが手造りの為、設計図での寸法とは少し誤差が生じる。

それにしてもこの流線型な曲線美はどうでしょう。この唯一無二感。完全に見惚れてしまう美しさ。そしてワインもとても美味しくなるときたら正に言うこと無し。手拭きグラスながらそのハイコストパフォーマンスには目を見張る物がありますね。

スタッフが増えたとおっしゃっておられましたが、それでも20名ぐらいの規模ですとのことで、お忙しいなか貴重な経験をさせて頂きありがとうございます。