granchio-グランキオのブログ

町村の住宅街にあるイタリアン グランキオです。 大通りから一本入った場所にある為か、お客様からはよく隠れ家と言われますが、当の本人は全く隠れているつもりはありません(笑)。でも隠れ家なんだと思います。 素材の持ち味を大切にする日本人の心とイタリア料理の融合。 富山に生まれて良かった、富山に来て良かった、そう心から想えるレストランでありたいと思っています。

Concept
斬新で創作的なイタリア料理を目指してはいません。
素材の味がダイレクトに伝わる「シンプル」を極めたいと考えています。
現地イタリアの「トラディショナル」な郷土料理を、富山の魅力溢れる食材を中心に、気取らずありのままの美味しさを追求しています。
「伝統」を大切にし、またあの懐かしい味が食べたいな、と思い出していただけたら幸いです。

〒930-0952
富山県富山市町村1-165

Tel 076.461.3478

営業時間
Lunch 火・水・木・土
11:30~14:00

Dinner 金・土
18:00~21:00

テーブル16席

定休日 日曜、月曜

駐車場 15台

wine

俺の

今では サッシカイア や オルネッライア よりも評価が高いことも珍しくありません

FullSizeRender
オレーノ

ワイナリー名のテヌータ・セッテ・ポンティとは「七つの橋」を意味し、モナリザの絵画にも登場すると言う歴史的にも古くからある橋の名前が由来です。ちょうどモナリザの左肩上部に見える橋がその1つで、今でも存在する橋だとのことです

さて、当初とはセパージュが変わっておりますが、以前ご紹介しました胸アツな2000年ヴィンテージと、現行ヴィンテージとは趣が違います

さすがにトップキュヴェの風格がプンプンしておりますね

当方、自称サンジョヴェスタと言うてはおりますが、メルロー主体でカベルネ・ソーヴィニヨンとプチ・ヴェルドのブレンドからなるこのスーパーなトスカーナワイン オレーノも大好きなのです(現行ヴィンテージといっても2010、実際には2012とか2013とかイタリア現地では2014とか2015とかでもおかしくない訳ですが)

なんだかんだ言うてはおりますが、濃いワインも嫌いじゃない、いや好きなんだと思います

何も薄くて旨いワイン至上主義でもありませんが

濃いワインだ薄いワインだというのも無意味なのかもしれません

どちらが美味い、ではなくそれは個人の趣向に寄るし、時間が経てば好みも変わるのも自然なことだと思います。その時の自分が美味しければそれでいい

IMG_7464
3年ほど前にはインポーターさんの確か帝国ホテルでの試飲会で試飲したのは(←遠い目)同じヴィンテージだったと思いますが、ホントに凄かったですよ。タンニンの総量も凄くて、ビシッ、と背筋が伸びる感じでした

そうそう、リーゼントのお客様もいらしてました

東京はさすがに色々な人がおられますね

懐かしいな

と、話が逸れましたが

俺のオレーノ

是非。めっちゃ美味いよ(オレ調べ)





















San Giusto a Rentennano

サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ

覚えておいてください

イタリアのワイン生産者の名前です

元は中世のシトー派修道院だった場所がワイン醸造所とのことです

ワインが好きならキャンティ・クラシコという名を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか

その代表的な生産者の一つ

IMG_7116
公式HPより

当店では、そんなに沢山のキャンティ銘柄の扱いがあるわけではありませんが、以前はまた別の生産者のキャンティ・クラシコを気に入って仕入れていたのですが(大変人気がありました。過去形)、すったもんだがありまして、日本に入ってこなくなった為ピンチヒッターで仕入れたのがこの(サン・ジュスト・ア・)レンテンナーノのキャンティ・クラシコとなります

コチラも当然美味しい太鼓判のワイン

サンジョヴェーゼ95%、カナイオーロ5%
とキアンティ・クラシコらしい品種構成

昔は白ワイン用ぶどう品種を加えなければならないと法律で決められていたため、そんな薄っぺらな大量生産なキアンティはイメージを落としてしまうという過去がある。品質を求めあえてキアンティを名乗らないという生産者も登場した

今ではサンジョヴェーゼ100%も珍しくなくなったが、セパージュはサンジョヴェーゼ以外はメルローだったり、カベルネソーヴィニヨンだったりと混醸を認められている

補助品種としてカナイオーロ、こちらはワインに複雑味を与えたりワインの構成を補うそんな役割なんだと思う。いまやカナイオーロ100%というワインも違う生産者だが醸している

あれよあれよとコルクが空き、気づいたら店の在庫がsold out、先日注文したところ、仕入先から欠品の連絡があり、無事到着したと思ったら、なんと3ヴィンテージもすっ飛ばしで新しい2016年ヴィンテージが届き、ちょっとビックリ

IMG_7131
※追記セラー整理してたら1本だけ前ヴィンテージ発見

なんせ2013年を今でも扱ってたのも嬉しい驚きだが、(インポーターおよび仕入先に感謝)どうしたら3年も飛んで現行ヴィンテージに移行するのだろう。と不思議に思うが、まあいい。ようは美味しければ、そしてお客さんが喜んでくれたら

あくまでもミディアムボディ、といいたいところだが、厚みがあり、なんの不足もなくスルスルと言ってしまう、イタリアンのベストな食中酒であるがワイン単体でもストレスなし。良い意味です。

ご存知の方もいるかも知れない

IMG_4927
サンジョヴェーゼの頂点のひとつ

俺がペルカルロ好きだということを

この(サン・ジュスト・ア)レンテン(・ナーノ)のペルカルロ

シェフは濃いワインが好きなんだ、とマダムにたまに言われたりするが、表面的な濃さだけに注目し惹かれ好んでワインを選んでいるつもりはない

リリースしたてのフレッシュでバリバリも美味しいけど、長期熟成しタンニンの角が取れ、もはや枯れ果てたニュアンスもまた良し、要はワインそのもののポテンシャル、熟成後の醍醐味も視野に入れてワインを飲む、大袈裟だけどそんな10年20年も先をイメージして飲むのも楽しい

話が逸れるが、例えばブルゴーニュのピノ・ノワールは、繊細なイメージと思われるのが一般的かも知れないが、著名なグラン・クリュなど、若いヴィンテージなどは物凄く力強い味わいだと断言できる。その中にも女性的だとか男性的だとか感じられるのだからワインは面白い。そうなってくると熟成させるのが楽しみで、若くして飲むのがもったいなくて、となってくる

好んでボルドーは飲まないが、カベルネソーヴィニヨンやメルローも同じく、熟成により真価を発揮する。エレガントでフィネスがある。若いと逞ましさが全面にでてその違いが分かり難い

飲み頃はいつなのかと言われたら、いつでも飲み頃、かかってきなさい、そんなスーパーサンジョヴェーゼのワイン ペルカルロ

と褒め過ぎだけど好きだから仕方がない

ということです

たまにはワインの話でも

IMG_7119
IMG_7117
IMG_7118
乾杯






















ルミリアシオン 

先日お伝えした通り、6/18(月)に小布施ワイナリーのワインとグランキオのイタリア料理でワイン会を予定しております。

有難い事に数名の参加表明を頂いております。
まだお席はありますので、この機会にぜひ。

せっかくなので、ドメイヌ・ソガのワインについて少し掘り下げていきたいなと思います。

お暇な方お時間の許す限りお付き合い下されば幸いです。※随時加筆修正して更新中

そのこだわりから、品種も多く、表記を含め謎?の多い曽我さんのワイン達。

ある種の法則のようなものを理解すると、なんとかきっかけを掴めそうな気がしていますが。

曽我さん本人がワイン造りは毎年が勉強です。とおっしゃるとおり、その年その時の状況で、例えば今年出来たワインが、次の年にも必ず造られるという可能性は確実ではないようで、とてもバラエティーに富んだワインを生産しておられます。

相手は自然、ワイン造りは農業であると。

均一で、画一的なワインが毎年造られるという事は逆に変だと気付かされます。

品種も多いのは、そのチャレンジ精神からくるものでしょう。

今までに国産のワインの前例(自分の土地にこのブドウ品種が合うのかどうか)がないので、試して見なくては結果良いのか悪いのかの判断も出来ませんから、そうなるのも当然というかなるほどと感じます。

タイトルにありますようにルミリアシオンという文言がワインラベルに表記される場合が、曽我さんのワインにはいくつかあります。紫地区のドメイヌシリーズ、ムラサキ農場です。

IMG_5666
2015ヴィンテージにはルミリアシオンの表記はありません。(ワイナリーで頂いた2015の資料にはルミリアシオンの表記があった。ワイナリーのミスなのか。どっちだ?笑)

過去のヴィンテージ、例えば直近では2014、2013ヴィンテージなどはルミリアシオン。

直訳すると屈辱という。

ネットで調べてみました。(ネットかい!爆)

畑由来の香りとは別に、官能(この場合ビオ香なのか還元香なのか又はそれ以外を指すのかは解りません)が曽我さんの許容を超えた場合にそのルミリアシオンというラベル表記なのだとか。

モチロン毎年ではありませんし、今後もそうなるのかは誰も知らない。曽我さん本人のみぞ知るです。

そもそも、ルミリアシオンは良い意味なのか?美味しいワインなのか?という疑問が生じてもおかしくはないんだけれど、屈辱というくらいだから、よほどフランスの独特な言い回しのニュアンスなら褒め言葉に聞こえなくもないのかもしれないが、こちとら生粋の日本人、屈辱=悔しい、とかそんな感じに思えなくもない。
(誰か詳しい人求む)

IMG_5620
ムラサキ第一農場はドメイヌ・ソガにおける記念碑的な農場となり、その美しい景観と、曽我さん本人も溺愛偏愛されていることが裏ラベルから読み取れます。

IMG_5627
その語り尽くせない程の情念を

ワイナリーとして、また個人として変革期もあるのだと思います。

ラベル表記は他にも

VIN SANS CHIMIE ヴァン サンシミ
Vignes Sans Chimie ヴィーニュ サンシミ

「ワイン畑で科学的な農薬、肥料を一切使わない」サンシミという考えは

栽培と醸造において科学的なものを使用せず、無化学農薬栽培をしながら、醸造では砂糖、酸、市販培養酵母、栄養剤、澱下げ剤、濾過助剤を一切使用しない。

上記の2つは意味合いが少し違いますが根本的な思想は同じように個人的に思えます。

ワイン裏ラベルやワイナリーHPに詳細が書かれています。

RESERVE PRIVEE レゼルヴ プリヴェ(お宝ワイン)
一部のシャルドネ、メルロー、他に表記されリリースされる。正にお宝。

など細かな事を挙げたら色々出てくる出てくる。

2013までのワインは日本酒のように720ml容量の瓶だったのが、2014か2015ヴィンテージあたりでしょうか、通常のワイン瓶750mlに変更になっており、容量に関して言えば、以前は単に収量が少なく、自社畑を少しずつ増やす努力の賜からか、ほんの僅かだが穫れるブドウが増えた事に由来するのかもしれない。

更にメルローやシラー、プチヴェルドなど一部のワインはボルドー瓶からブルゴーニュ瓶へと変更されています。

ワインに強いボディーを求めず、優しく澄んだ透明感のある味わいのワイン。いただくワインから感じるのは曽我さんからの優しくも強いメッセージのような気がします。

そのほかにもこだわりが

例えばコルク。

IMG_5664
FullSizeRender
ディアム社製(天然コルクを破砕し、二酸化炭素で処理して圧縮成形したもの)の5,4cmロングコルクが打ち込んであります。

コレはブショネによってワインにダメージを与えることがなく安心して飲み手がワインを楽しめる配慮だと思います。

ドメイヌ物のワインだけではなく、比較的安価に手に入る契約農家からのブドウで醸すソガ・ペール・エ・フィスのワインにも採用しているのだから驚きです。

はっきり言ってクレイジーです。

最近流行りのナチュール、ナチュラルワインの生産者でコルクにこれだけのコストをかけているところを私はまだ知りません。

ちなみに従来のナチュラルコルクの場合、20年に一度のリコルクを必要としていたが、DIAM 30の場合30年はリコルクの必要がないという。

安全なコルクとして品質への妥協がないことと、長いコルクによって熟成をも視野に入れている徹底ぶり。

(例えば頑張って手に入れたロマネ・コンティや著名生産者のグラン・クリュ特級クラスのワインを長い熟成を経ていざ飲んでみたらブショネだったらどーするよ?そんな話がワイン好きの間で繰り広げられることがあります)

ワインのラベル保護に透明なフィルムも貼り付けてあります。モチロン全てのワインにです。

日本のワインを始め世界のワインを見ても、こんなの見たことありません。

(御存知の方もいるかもしれませんが、ワインのラベルって結構モロくて、ワインセラーで長期熟成させたら物によっては湿度の影響でカビが生えたりコレはコレで良しと思える人はいいんですけど潔癖な人には見た目がイマイチ。夏の暑い時期に冷蔵庫に入れて飲むときに部屋に出したりすると結露による水滴でラベルがシワシワになったり。
なので大事なワインとかはオレもたまにやりますが、1本1本ワインのラベルに丁寧にラップを巻いてセラーに入れて熟成させている。)

曽我さんは本気です。
情熱と官能のエロス

まだまだ長くなりそうです。

続きは、6/18(月)の町村グランキオのワイン会で。爆

ご参加お待ちしております。

























研修 3

突然ですが、ココから先は有料(優良)会員様限定の記事となります。(冗談です。笑)

研修シリーズの最後は(ちなみに大トリは全てです。しつこく2回言いました。)、我らが母国イタリアより生産者が来日との事で、会場はザ・銀座です!

IMG_5528
こちらのお店で

輸入元はワインウエイヴ。

こちらのインポーターはイタリアワインに特化しており、以前から面識もあることと御縁がありタイミングもよくこの試飲会に参加出来た。

実のところ、研修の目的は早い話が連れ(マダム)が「自分がリフレッシュ出来ていない状態では、到底お客様に良い接客など出来ようハズがない(マダム談。彼女は池袋PARCOにて開催されている中村佑介の展覧会に行っています)。」なので、本当は違う日に予定というか、少なくとも既に新幹線の切符は予約していたんです。この日じゃない別の日に。

そうすると、オレは他にやることがないので、いっそのことオレは行かなくてもいいんじゃないの?な感じでもあったんです。早い話ランチだけ食べてオレは暇、そんな感じです。

月曜に最初は予定していたのだが、調べてみると結構お店の休みと重なるので、レストランの予約も色々と難しくて。

すったもんだがありまして、アレコレと調べていたら丁度この生産者来日試飲会と重なる日程が組めたので、切符の変更も手数料などかからずに難なくクリア。結果良かった。

前置きが長くなりましたが、肝心のワイン。

今回はイタリア 最北の地アルト・アディジェ州よりフランツ・ハースのエキスポートMGRアンディ・プンテル氏が各地でプロモーションの為来日されております。

会場に到着するなりに早々に受付を済ませ、なんやかんや準備をしているとすぐさま、営業担当の方が近づいて来てくれる。

どうやら西川社長から連絡があったらしく、オレを手厚く(笑。感謝)おもてなししてくれとの事のようだ。

当方日帰り出張な為、帰りの新幹線の影響もあり、あまりゆっくりも出来ない事を告げると、早速アンディさんの元へ案内してくれる。

挨拶をして、一緒に記念撮影。ハイっ!チーズ!

写真は後ほどメールで送ってくれるという、がまだ届いていないゾっ!爆

さて、ようやく本題

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5533
IMG_5534
FullSizeRender
試飲ワインの中には、普段のラインナップにはないインデント(生産されているが日本には輸入されていないワイン)扱いの物も出ていて、とても興味深い内容です。最後の画像だけ別の生産者でチニャーレ'10

定番となるソフィーのミュラー・トゥルガウ'16、スキアーヴァ'16、ゲヴルツ・トラミネール'16、ピノ・ノワール'15。

シュヴァイツァーラベルの上級ラインは、ピノ・ビアンコのレプス'16 、白のマンナ'16、ピノ・ワール'15。デザートワインの赤モスカート・ローザ'15。

日本未輸入で初見のピノ・グリージョ'16、モスカートジャッロ"16(コレは前にヴィンテージ違いを扱ったことがあります。)、シュヴァイツァーラベルのソーヴィニヨン・ブラン'16、プティ・マンサン'16、メルロー100%の赤'15、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー主体のイスタンテ'15となかなかのアイテム数。

ステンレス仕立てのワインは品種と土地との特性が綺麗に表現されており、しっかりと樽熟成を施された白ワインは、流石にフルボディータイプで、果実味とミネラルが豊富なのと重心の低さは熟成のポテンシャルを感じさせます。

品種の多さはその類い稀な土壌やその土地における微気候、そういった意味でフランスのアルザスの特異なソレと共通するように個人的には感じられます。味わいは異なりますが。

当主のフランツさんが最も心血を注いでいるという品種ピノ・ノワールに関して言えば、上級キュヴェのシュヴァイツァーは国内在庫が切れていて、イタリアから来日に合わせて送ってもらったそうだ。(知らなかったのだが、ピノのスプマンテとロゼワインも造っているみたい。本当種類が多くて困るな。)

ココだけの話、ピノ・ノワールは更に上のワイン(この表現で合っているのかな?)を造っているということは、西川さんからも聞いていたし、世界中と繋がっているインスタグラムでもその存在は認識していました。

FullSizeRender
その名は「PONKLER」(ポンクラー?ポンクレール?すみません、綴りしか解りませんっ!そしてどさくさに紛れて何処かから画像拝借してきました。世界の誰か堪忍してっ!)

せっかくなので、この機会に聞いてみた。

ふむふむ、なるほど。

現時点で日本未入荷。

入荷の予定も今のところなく、あったとしても来年以降。

ここ数年、温暖化の影響からピノ・ノワールを新しく植える畑の標高を高くしている。シュヴァイツァーは元々ある畑とソレらのセレクションであったが、その上級ワインであるPONKLERは標高850m付近の単一畑になるそうで、樹齢は10年程らしい。

ちなみにフランツ・ハースが採用しているピノ・ノワールのクローンはディジョン・クローンということだ(細かな番号までは聞いていない)。

本家のブルゴーニュ、カリフォルニア、オレゴン等意識しているのかは解りませんが、仮に入荷したとしてもかなり高価になるそうだ。

一度飲んでみたいものである。

ちなみにっ!

今後リリースされるワインに関しては、全てスクリューキャップに変更されるようです。

コルクの劣化によるブショネの影響でワインにダメージを与えることもないし、近年スクリューキャップの品質も良くなっている為だ。

今となっては珍しくもないスクリューワイン。

スクリューワインがなにも安価なワインというイメージは、個人的には無い。

もしある人はそんな偏見はさっさと捨ててしまいましょう。

この世界の流れに皆さんも付いて来られるかな?いや、是非付いて来て頂きたい。一緒に突っ走りましょう。

グランキオではこれからも、めっちゃパキパキっ、と捻って開けるスクリューキャップ仕様のプレミアムワインをバンバン開けて行きますよ(もちろんコルクのワインも開けますが、ガラス栓でも構いません。美味しければ)。

ほんとココだけの話でお願いしますねっ!

文章長くなりそうなので肝心のワインの試飲内容はこの辺にさせていただきます。

どれもこれも美味しゅうございましたよ〜。

以上。

























研修 2

さて、研修シリーズ。

オレにとっては今回の全てが大トリと言っても過言ではない、そんな勢いです。(あと、もう1つあります)

ランチを終えてからワイングラスを見に、湯島にある木村硝子に行ってきました。

IMG_5544
やっと来れました。

木村硝子のアイテム全てではありませんが、手に持っているだけでも今にも割れそうな薄くて繊細なフォルムが特徴の職人による手拭きグラスは、なかなか実際に手に取って見る機会が少なく、現地に伺って実物に触れて見たいな、と常々思っておりました。

併設されている直営店ですが、綺麗なスタッフさんにお話を伺っていると、せっかくなのでとご丁寧にショールームも見せて頂けることに。

IMG_5527
IMG_5526
素晴らしい!

普段は開いてないそうで、(直営店は木、金、土のみ営業)前もって電話もしていないにも関わらず親切に対応していただき感謝です。

アイテムが凄く多くて、いわばガラス食器のセレクトショップのような感じだと言えば解りやすいのかな。

物によってスロヴァキアで作られるものと、中にはハンガリーのもの、あと国内でも少し。
自社の工場は持たないそうなので委託で生産してもらっているそうです。

マイスターによるハンドメイドグラスは、当然ながらひとつひとつが手造りの為、設計図での寸法とは少し誤差が生じる。

それにしてもこの流線型な曲線美はどうでしょう。この唯一無二感。完全に見惚れてしまう美しさ。そしてワインもとても美味しくなるときたら正に言うこと無し。手拭きグラスながらそのハイコストパフォーマンスには目を見張る物がありますね。

スタッフが増えたとおっしゃっておられましたが、それでも20名ぐらいの規模ですとのことで、お忙しいなか貴重な経験をさせて頂きありがとうございます。

































URL
http://granchio.blog.jp/
ギャラリー
  • 俺の
  • 俺の
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
  • お祭り後も
livedoor 天気
公式Twitter
Facebookページ
http://facebook.com/granchio.jp
Google Maps
富山市 郊外 人気 イタリアン オススメ 町村 藤ノ木 経堂 天正寺 新庄 東富山 南富山 ランチ ディナー アニバーサリー 結婚記念日 誕生日 美味しい パスタ スパゲティ 手打ちパスタ ニョッキ ペンネ アラビアータ チーズ PIZZA ピッツァ ピザ マルゲリータ クアトロ フォルマッジョ 肉料理 魚料理 前菜 ドルチェ エスプレッソ スペシャル グランキオ インスタグラム Line